生田一覧

映画『トランセンデンス』あらすじ、作品情報

あらすじ

世界初の人工知能PINNを研究開発する量子コンピュータ科学者のウィル・キャスターとその妻エヴリンは、コンピューターが人間の能力を超えた世界を構築する為に、技術的特異点への到達を目標に、感知コンピューティングを開発

ウィルは反テクノロジーを唱える過激派テロ組織RIFTの凶弾に倒れ

死の際にあったウィルの意識をPINNにアップロード

彼女の手により人工知能としてよみがえったウィルは、軍事機密から金融、経済、果ては個人情報にいたるまで、ありとあらゆる情報を取り込み

荒野の小さな町に巨大な地下施設を建造し、身を潜め

ウィルは自らの思い通りに動き、瞬時に人間を治療するナノマシンを完成させ

このナノマシンを投与された人間は肉体を強化され、またウィルの意識とリンクして意のままに操られてしまう。

この人間をRIFTは「ハイブリッド」と呼んで敵視し、FBIからも私設軍隊として脅威と認識

友人だったマックスはRIFT、FBIらと共にウィルを止めるためのコンピュータウイルスを作成。

エヴリンの体にウイルスを入力したナノマシンを注射し、PINNにアップロードさせソースコードを破壊すべく、ウィルの元へと送り込む。

ウィルは自らの行いを「僕達の理想の世界(ユートピア)を実現するため」だと言い

ナノマシンによって緑に溢れ、水は澄み、大気の浄化された「エヴリンの夢見た世界」

映画『トランセンデンス』予告編

登場人物

ウィル・キャスター/演:ジョニー・デップ

エヴリン・キャスター/演:レベッカ・ホール

マックス・ウォーターズ/演:ポール・ベタニー

ブリー/演:ケイト・マーラ

ドナルド・ブキャナン捜査官/演:キリアン・マーフィー

スティーヴンス大佐/演:コール・ハウザー

ジョセフ・タガー/演:モーガン・フリーマン

マーティン/演:クリフトン・コリンズ・Jr

ジョエル・エドモンド/演:コリー・ハードリクト

ボブ/演:フォーク・ヘンチェル

ポール/演:ジョシュ・スチュワート

PINNの声/演:リナン・ザガー

作品情報

タイトル:トランセンデンス

原題:TRANSCENDENCE

製作年度:2014年

上映時間:119分

製作国:アメリカ

ジャンル:SF

監督:ウォーリー・フィスター

製作総指揮:クリストファー・ノーラン

エマ・トーマス

ダン・ミンツ

脚本:ジャック・パグレン

音楽:マイケル・ダナ


映画『トランスフォーマー ロストエイジ』あらすじ、作品情報

あらすじ

中生代白亜紀末期、地球に謎の宇宙船団が出現。

それに乗っていた謎の兵器を使い恐竜たちを金属のようなものに作り変えて行き、やがて彼らを絶滅

約6500万年後の現代、北極では金属化した恐竜の化石が発見

元オートボット司令官センチネル・プライムとディセプティコン破壊大帝メガトロンが引き起こしたシカゴの惨劇から5年。

にオートボットの協力によって地球が守られた事実

オートボット否定派による迫害

オートボットたちは姿を消していた。

発明家ケイド・イェーガーは仕事で赴いた映画館の中で眠っていたトレーラートラックを見つけ、それを自宅に持ち帰る。

さっそくケイドはそのトラックを解体しようとした所、それがトランスフォーマーである事を知る。

登場人物

ケイド・イェーガー

演 – マーク・ウォールバーグ

テッサ・イェーガー

演 – ニコラ・ペルツ

シェーン・ダイソン

演 – ジャック・レイナー

ルーカス・フラナリー

演 – T・J・ミラー

ジョシュア・ジョイス

演 – スタンリー・トゥッチ

ハロルド・アティンジャー

演 – ケルシー・グラマー

ジェームズ・サヴォイ

演 – タイタス・ウェリヴァー

ギル・ウェンブリー

演 – ジェームズ・バックマン

ダーシー・トリル

オートボット / Autobots

オプティマス・プライム / Optimus Prime

バンブルビー / Bumblebee

ラチェット / Ratchet

ハウンド / Hound

クロスヘアーズ / Crosshairs

ドリフト / Drift

ブレインズ / Brains

センチネルプライム / Sentinel Prime

ディセプティコン / Decepticons

ガルバトロン(ガルヴァトロン) / Galvatron

スティンガー / Stinger

KSIボス / KSI Boss

トゥーヘッド / Two Head

インセクティコン / Insecticon

ロックダウン / Lockdown

スチールジョー / Steeljaw

ダイナボット / Dinobots

グリムロック / Grimlock

スコーン / Scorn

スラッグ / Slug

ストレイフ / Strafe

スラッシュ / Slash

スナール / Snarl

スロッグ / Slog

作品情報

タイトル:トランスフォーマー/ロストエイジ

原題:TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION

製作年度:2014年

上映時間:165分

製作国:アメリカ

ジャンル:SF

アクション

監督:マイケル・ベイ

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ

マイケル・ベイ

ブライアン・ゴールドナー

マーク・ヴァーラディアン

脚本:アーレン・クルーガー

音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー


映画『トータル・リコール』シュワルツェネッガー作品のリメイク

この作品は1990年のアーノルドシュワルツェネッガー主演作のリメイクです。
もう30年近く前の作品になるんですね。
それを今の技術で作るとどうなるか?楽しみです!

作品情報

あらすじ

容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工場で働くダグラス(コリン・ファレル)は、記憶を買うために人工記憶センター「リコール」社に出向く。ところが彼はいきなり連邦警察官から攻撃されてしまう。そして自分の知り得なかった戦闘能力に気付き、戸惑いながらも家に帰ると妻のローリー(ケイト・ベッキンセイル)が襲ってきて……。

映画『トータル・リコール』キャスト

ダグラス・クエイド / ハウザー(コリン・ファレル)

コロニーに住む工場作業員だが、本当はコロニー側のレジスタンスの一員。

ローリー(ケイト・ベッキンセイル)

UFBの諜報員。ダグラスの妻として監視している。

メリーナ(ジェシカ・ビール)

レジスタンスの一員。

コーヘイゲン(ブライアン・クランストン)

UFBの代表。ハウザーにダグラスとしての記憶を植え付ける。

マサイアス(ビル・ナイ)

レジスタンスのリーダー。

映画『トータル・リコール』見どころ

トータル・リコールの見どころは、何と言ってもアクションだと思います。
主人公のダグラスはずっと追われ続けるんです。
それも奥さんに追われます。本物の奥さんではなく、嘘の記憶で作られた奥さんなんですが、この人が執拗にダグラスを追いかけてきます。
舞台は近未来の世界で、町並みは混沌として雑多な町並みです。
ちょっと、ブレードランナーに似てました。
そのごちゃごちゃした中をダグラスとローリーは追いかけっします。
それはもうスゴイの一言で、2階からジャンプしたり、他人の家に入って銃を撃ちまくったりします。
また、爆弾を兵器で投げたりして、捕まえる気がないんじゃないかと思いました。
ローリーは女子ですが格闘もこなせて、ダグラスとの戦闘シーンは見ものです。
さらにはカーチェイスもこなします。
未来の車は宇宙を走ってるんですが、ダグラスの車を地上に落とそうとぶつけてきたり、上から乗っかったり、めちゃくちゃです。
最後の敵はあっさり倒すダグラスですが、本当の敵はその後からやってきます。
それは誰か?
分かりますよね。

まとめ

映画『トータル・リコール』はシュワちゃん版から30年近くたって、パワーアップして帰ってきました。
映像もアクションも格段にレベルアップして見応え十分です。

参考サイト

トータル・リコール – Wikipedia

トータル・リコール (2012年の映画) – Wikipedia

アニメ関連のオススメサイト

AB夫(えびお)のシコウサクゴ


映画『スキップ・トレース』あらすじ、作品情報

あらすじ

捜査を行っている際、過度の追跡で付近の住宅に甚大な被害を与え停職処分
ロシアン・マフィアに拘束されていたコナーを無事救出し、連れ戻そうとするが、なぜか二人とも追われる身になってしまう。
刑事ベニー・チャンは、相棒ユンを殺した疑いで香港の犯罪王ヴィクター・ウォンを追っていた。
サマンサがヴィクターの犯罪に巻き込まれてしまう。
ベニーは事件の鍵を握るアメリカ人詐欺師コナー・ワッツを追って単身ロシアへ行く。

映画『スキップ・トレース』本予告編

登場人物

ベニー・チャン ジャッキー・チェン
コナー・ワッツ ジョニー・ノックスビル
サマンサ ファン・ビンビン
ヤン エリック・ツァン
レスリー シー・シー
エズモンド ディラン・クォ
ハンサム・ウィリー ヨン・ジョンフン
ティンティン ジャン・ランシン
ナタリア サラ・マリア・フォースバーグ
ディーマ ミハイル・ゴアヴォイ
セルゲイ チャーリー・ローズ
ダーシャ イブ・トーレス
タン警部 マイケル・ウォン
バスの乗客 リチャード・ン
ヴィクター・ウォン ウィンストン・チャオ

作品情報

タイトル:スキップ・トレース
原題:SKIPTRACE/絶地逃亡
製作年度:2016年
上映時間:107分
製作国:アメリカ,中国,香港
ジャンル:コメディ
アクション
監督:レニー・ハーリン
脚本:ジェイ・ロンジーノ
ベンデヴィッド・グラヴィンスキー
音楽:コンフォート・チャン


映画『WOOD JOB!神去なあなあ日常』あらすじ、作品情報

あらすじ

平野勇気は、卒業式終了後に担任から就職先を決めておいたと言われ、三重県の神去村へとやってくる。
列車を乗り継いで着いた先は、、ケータイの電波も届かない田舎。
勇気が就職することになったのは中村林業株式会社。
山仕事に関しては天才的な才能を持つ飯田ヨキの家に居候しながら勇気を待っていたのは、広大な山の手入れ。
過酷な山仕事に何度も逃げ出そうと試みるもあえなく失敗
る雄大な自然に勇気は次第に魅了されていく。
勇気は、神去小学校の美人教師・直紀に高望みの恋心を抱き、玉砕しても諦めずに想い続ける。
神去村で48年に一度行われる神事オオヤマヅミに、勇気も参加することになる。

登場人物

平野勇気 – 中村蒼
直紀 – 今井りか
飯田ヨキ – 松田 悟志
中村清一 – 田口トモロヲ
中村祐子 – 藤本喜久子
中村山太 – 森川航
担任教師 – 藏内秀樹
勇気の母 – 山崎千惠子
みき – 幸福未央
みきの母 – 森ともこ
みきの父 – 山崎海童
巌さん – 徳井優
三郎じいさん – 吉見一豊
繁ばあちゃん – 五月晴子
山根のおっちゃん – 下塚誠
仁助のじっちゃん – 重松収
森林組合のおじさん – 浜田道彦
村人 – 辻本一樹、平井真軌

作品情報

タイトル:WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~
製作年度:2014年
上映時間:116分
製作国:日本
ジャンル:青春、コメディ、ドラマ
監督:矢口史靖
原作:三浦しをん
脚本:矢口史靖
音楽:野村卓史


映画『チャーリーとチョコレート工場』あらすじ、作品情報

あらすじ

世界中で大人気のウィリー・ウォンカ製のお菓子。
工場の中は完全非公開であり、謎に満ちていた。
ウォンカは「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は工場を見学する権利が与えられ、さらにそのうちの一人には想像を絶する素晴らしい副賞がつく」という告知
引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛み勝利にこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年チャーリー
途中でさまざまなハプニングが起こり、子供たちは一人ずつ脱落していく。
最後に残ったチャーリーに「副賞」を与えようとするが、チャーリーに提示された交換条件は「家族を捨てること」
チャーリーはこれを辞退した。
予想外の展開にすっかり意気消沈したウォンカだったが、チャーリーの後押しによって彼自身のトラウマを解決できたことで、改めてチャーリーに「副賞」を受け取るように打診する。ウォンカは、これを受け入れたバケット一家と「とびきり甘い」人生を送ることとなった。

登場人物

ウィリー・ウォンカ
チャーリー・バケット
バケット氏
バケット夫人
ジョーおじいちゃん
ジョゼフィーンおばあちゃん
ジョージおじいちゃん
ジョージーナおばあちゃん
ウンパ・ルンパ
オーガスタス・グループ
バイオレット・ボーレガード
ベルーカ・ソルト
マイク・ティービー
ウィルバー・ウォンカ

作品情報

タイトル:チャーリーとチョコレート工場
原題:CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
製作年度:2005年
上映時間:115分
製作国:アメリカ,イギリス
ジャンル:コメディ
ファンタジー
監督:ティム・バートン
製作総指揮:マイケル・シーゲル
ブルース・バーマン
グレアム・バーク
フェリシティ・ダール
パトリック・マコーミック
原作:ロアルド・ダール
脚本:ジョン・オーガスト
音楽:ダニー・エルフマン

参考サイト

チャーリーとチョコレート工場 – Wikipedia

チャーリーとチョコレート工場


映画『ザ・ウォール』あらすじ、作品情報

あらすじ

米軍の狙撃手であるアイザックとマシューズはイラクの砂漠地帯にある石油パイプライン建設現場へと派遣される。
通信機も使えなくなり、水筒にも穴が開いてしまった。
アイザックは撃たれたマシューズを救出
二人は、そこが安全かどうかを見極めるため、22時間にも及ぶ偵察を行う
救援が絶望的になった今、負傷したアイザックに残された道は、壁に隠れながらジューバを倒すチャンスを伺うこと
2007年、イラク戦争も終わり
マシューズは護衛にあたっていた兵士の遺体からラジオを回収
自身も傷を負ってしまった。
その隙をイラク人の狙撃手に突かれてしまった。
失敗に終わった

 

登場人物

アレン・アイザック軍曹 – アーロン・テイラー=ジョンソン
シェイン・マシューズ2等軍曹 – ジョン・シナ
ジューバ – ライト・ナクリ

 

作品情報

タイトル:ザ・ウォール
原題:THE WALL
製作年度:2017年
上映時間:90分
製作国:アメリカ
ジャンル:サスペンス
アクション
戦争
監督:ダグ・リーマン
製作総指揮:レイ・アンジェリク
脚本:ドウェイン・ウォーレル